茶色い引き出しのキッチン

劣化していく場所

屋根リフォームの重要性について

新築住宅で住宅を購入した場合も15人から20年も経過すれば、屋根が劣化してきます。屋根が劣化する理由は、家の中で一番直射日光を直撃し、雨が降り注ぎ、雪が積もる箇所が屋根の上だからです。劣化しやすいのも無理はありません。屋根が劣化した場合には住宅の建て替えを検討する場面もあるかもしれませんが、最近はわざわざ建て替えをせずにリフォームをすることが増えています。リフォームをするかと言えば、大抵住宅の躯体は屋根が劣化した後でもまだ10年以上は利用できるからです。では、屋根をリフォームする場合は、どれくらいお金がかかるでしょうか。これは、明確な金額を言うことができず、その住宅の屋根の状態によって大きく変わってきます。

素材や状態によって変わってくる金額

例えば、屋根の外壁塗装と言う形でのリフォームであれば、30万円から80万円程度でできます。この価格差は、どのような塗料を使うかによって変わってきます。例えば、塗料の中でも安いアクリル塗料であれば30万円以内で塗装することも可能になります。その反面、高い塗料である光触媒塗料やフッ素塗料を使えば100万円近くになることもあります。忘れてはいけないのは、外壁塗装をする場合は、防飛ネットの設置や足場の設置も必要になるためその料金もかかります。塗装代+ネットと足場の設置費用で30万円から80万円が妥当な金額ではないでしょうか。もし、外壁塗装ではなく屋根瓦やスレートを全て交換する場合のリフォームは200万円から300万円は準備をしておいた方が良いかもしれません。

Copyright © 2015 住宅のSOSはプロの業者へお任せ|ミラクル修理で安心を. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com